功刀 達朗   (1934-)

功刀 達朗(くぬぎ たつろう、1934年 - )は、日本の政治学者。 専門は、国際関係論、国際政治学、国際法、国際行政、外交官。 東京府生まれ。 [経歴] 港区立青山中学校を経て1952年東京都立日比谷高等学校卒業。 東京大学教養学科中退後、1956年にコーネル大学でMAを、1963年にハーグ国際法アカデミーでディプロマを、1970年にコロンビア大学でPh.D.を取得。 ケンブリッジ大学ローターパクト国際法研究センター客員研究員、ブリストル大学公共政策大学院客員研究員。 1963年から1971年まで、ニューヨーク国連本部法務部法務官。 1971年から1976年まで、中東PKO法律顧問。 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クヌギ タツロウ
人物別名 功刀達朗

Kunugi, Tatsuro

Tatsuro Kunugi
生年 1934年
没年 -
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
社会的責任の時代 : 企業・市民社会・国連のシナジー 功刀達朗, 野村彰男 編著 東信堂
2008.4
平和憲法の確保と新生 深瀬忠一, 上田勝美, 稲正樹, 水島朝穂 編著 北海道大学出版会
2008.12
国際NGOが世界を変える : 地球市民社会の黎明 功刀達朗, 毛利勝彦 編著 東信堂
2006.7
国連と地球市民社会の新しい地平 功刀達朗, 内田孟男 編著 東信堂
2006.12
安全保障と貧困削減 : 60周年を迎えた国連のリーダーシップと地球市民社会の地平 : 第2回公開シンポジウム : 報告書 功刀達朗 編 国際基督教大学COE
2005.4
安全保障と貧困削減 : 60周年を迎えた国連のリーダーシップと地球市民社会の地平 : 第2回公開シンポジウム報告書 功刀達朗編 International Christian University 21st Century Center of Excellence Program Research and Education for Peace, Security and Conviviality
c2005
グローバリゼーションと日本外交 : 未来の共創・先達からの提言 ICU国際関係学科, 功刀達朗 編 大学図書
現代人文社
2000.9
歴史の共有アジアと日本 功刀達朗 監修 ; 国際基督教大学社会科学研究所, 上智大学社会正義研究所 編 明石書店
1997.12
国連地球社会の選択 功刀達朗 監訳 PHP研究所
1995.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想