北山 茂夫   (1909-1984)

北山 茂夫(きたやま しげお、1909年(明治42年)3月3日 - 1984年(昭和59年)1月30日)は、日本の日本史学者(日本古代史専攻)、立命館大学教授などを歴任する。 [略歴・業績] 和歌山県有田郡鳥屋城村(現在の有田川町)生まれ。 和歌山県立耐久中学校、第三高等学校をへて、東京帝国大学国史学科卒、西洋史の羽仁五郎に傾倒し、近代史を学ぶため大学院に進むが古代史で業績をあげ、横浜の潤光学園講師、ついで郷里に帰り和歌山県立田辺中学校教諭となり、敗戦を迎える。 戦後、排斥運動に遭って野に下るが、立命館大学法学部専任講師となり、文学部教授に転じるが学生運動で辞職した。 左翼的な立場に立ちつつ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタヤマ シゲオ
人物別名 北山茂夫
生年 1909年
没年 1984年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大伴家持 北山茂夫 著 平凡社
2009.8
女帝と道鏡 : 天平末葉の政治と文化 北山茂夫 著 講談社
2008.5
柿本人麻呂論 北山茂夫 著 岩波書店
2006.9
平将門 北山茂夫 著 講談社
2005.11
平安京 北山茂夫 著 中央公論新社
2004.8
平将門 北山茂夫 著 デジタルパブリッシングサービス
朝日新聞社
2003.6
女帝と詩人 北山茂夫 著 岩波書店
2000.7
日本古代内乱史論 北山茂夫 著 岩波書店
2000.9
藤原道長 北山茂夫 著 岩波書店
1995.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想