菊池 良生   (1948-)

菊池 良生(きくち よしお、1948年 - )は、日本のドイツ文学者、歴史家、明治大学教授。 1972年、早稲田大学法学部卒。 1977年、同大学院文学研究科独文科博士課程中退。 桃山学院大学講師、明治大学理工学部助教授、教授。 専門はオーストリア文学だが、神聖ローマ帝国史について著作を出している。 [著書] ハプスブルク家の人々 新人物往来社 1993.8 のち文庫 イカロスの失墜 悲劇のメキシコ皇帝マクシミリアン一世伝 新人物往来社 1994.9 戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争 1995.12 講談社現代新書 ハプスブルク家の光芒 作品社 1997.9 のちちくま文庫...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キクチ ヨシオ
人物別名 菊池良生

菊地, 良生
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ウィーン包囲 : オスマン・トルコと神聖ローマ帝国の激闘 菊池良生著 河出書房新社
2019.12
ドイツ三〇〇諸侯 菊池良生 著 河出書房新社
2017.5
貴賤百態大公戯 菊池良生 著 エイチアンドアイ
2016.2
皇帝銃殺 : ハプスブルクの悲劇メキシコ皇帝マクシミリアン一世伝 菊池良生 著 河出書房新社
2014.1
検閲帝国ハプスブルク 菊池良生 著 河出書房新社
2013.4
哀しいドイツ歴史物語 : 歴史の闇に消えた九人の男たち 菊池良生 著 筑摩書房
2011.6
警察の誕生 菊池良生 著 集英社
2010.12
図説神聖ローマ帝国 菊池良生 著 河出書房新社
2009.6
ハプスブルク家の人々 菊池良生 著 新人物往来社
2009.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想