岸 俊男   (1920-1987)

岸 俊男(きし としお、1920年9月15日 - 1987年1月21日)は、日本史学者、京都大学名誉教授、古代史専攻。 [経歴] 古社寺修理技師・岸熊吉の子として京都市上京区に生まれ、直後に父の仕事の都合で奈良市に移り、以後生涯の拠点とする。 奈良県立奈良中学校・第三高等学校を経て、京都帝国大学に入るが、学徒動員によって満足に学業に打ち込めないまま、1944年に卒業し、直ちに再度召集を受けて海軍少尉となる。 敗戦後に京都帝国大学大学院生として学業復帰を認められ、1946年助手となり、1951年奈良女子大学文学部講師、1953年助教授、1955年に母校の助教授として呼び戻される(1958年教養...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キシ トシオ
人物別名 岸俊男
生年 1920年
没年 1987年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本古代宮都の研究 岸俊男著 岩波書店
2015.5
宮都と木簡 岸俊男 著 吉川弘文館
2011.2
日本古代籍帳の研究 岸俊男 著 塙書房
2009.10
家族と国家 佐々木潤之介 編 吉川弘文館
2002.7
日本の古代 岸俊男 ほか編 中央公論社
1997.2
日本の古代 岸俊男 [ほか]編 中央公論社
1996.1
日本の古代 岸俊男 [ほか]編 中央公論社
1996.2
日本の古代 岸俊男 ほか編 中央公論社
1996.3
日本の古代 岸俊男 ほか編 中央公論社
1996.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想