山田 勝芳   (1944-)

山田 勝芳(やまだ かつよし、1944年9月- )は、中国史・東北アジア近代史研究者、東北大学名誉教授。 青森県生まれ。 1968年東北大学文学部東洋史卒、71年同大学院博士課程中退、北海道教育大学(函館)助教授、東北大学教養部教授、同文学部附属日本文化研究施設教授、東北大学附置東北アジア研究センター教授。 94年博士(文学)。 論文の題は「秦漢代財政収入の研究」。 専門は中国古代財政・貨幣史、中国のユートピアと「均の理念」、東北アジア近代史(特に工藤忠を中心として)。 [著書] 『秦漢財政収入の研究』汲古書院[汲古叢書1] 1993.12 『貨幣の中国古代史』 朝日新聞社[朝日選書]...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ カツヨシ
人物別名 山田勝芳
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「工藤忠関係資料」による東北アジア近代史研究 山田勝芳著 山田勝芳
2014.2
溥儀の忠臣・工藤忠 : 忘れられた日本人の満洲国 山田勝芳 著 朝日新聞
2010.6
アジア主義と大東亜戦争 : 北一輝・大川周明・石原莞爾・中野正剛 : 東北アジアにおけるユートピア思想と地域の在り方研究会講演会 松本健一 [講演] ; 山田勝芳編集 東北大学東北アジア研究センター
2007.3
ノア・データの利用による東北アジアの環境変動解析とデータベース作成に関する学際的研究 山田勝芳, 工藤純一 編 東北大学東北アジア研究センター
2006.10
アジアを地域研究する : 国立大学附置研究所・センターシンポジウム 山田勝芳編 国立大学附置研究所・センター長会議
2005.2
「東北アジア」"Northeast Asia"の現在・未来を考える : 日本における「東北アジア」関係機関の集い : 東北大学東北アジア研究センター公開セミナー 山田勝芳編 東北大学東北アジア研究センター
2004.4
人口・労働問題から見た東北アジアと東南アジア : ASEAN+3の行方を人口・労働問題から見る : 東北大学東北アジア研究センター公開セミナー 山田勝芳編 東北大学東北アジア研究センター
2004.12
生産と流通 網野 善彦;樺山 紘一;宮田 登;安丸 良夫;山本 幸司【編】 岩波書店
2002.10
東北アジアにおける交易拠点の比較研究 山田勝芳 編 東北大学東北アジア研究センター
2001.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想