木村 資生   (1924-1994)

木村 資生(きむら もとお、1924年11月13日 - 1994年11月13日)は日本の集団遺伝学者。 中立進化説を提唱した。 日本人で唯一のダーウィン・メダルを受賞している。 また、パフィオペディラムの育種家としても知られる。 [略歴] 愛知県岡崎市出身。 旧制岡崎中学(現・愛知県立岡崎高等学校)、旧制第八高等学校卒業後、京都帝国大学理学部で植物学を学ぶ。 1947年に卒業後は京都大学農学部副手、ついで京都大学農学部助手となる。 木原均の遺伝学研究室に所属していた。 1949年に国立遺伝学研究所(静岡県三島市)に入所。 教授をへて名誉教授に。 約40年間研究を続けた。 日本遺伝学会会長等を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ モトオ
人物別名 木村資生
生年 1924年
没年 1994年
職業・経歴等 遺伝学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
進化遺伝学から見た人類の過去と未来 木村資生 著 国際高等研究所
1999.11
遺伝学概説 J.F.クロー 著 ; 木村資生, 太田朋子 共訳 培風館
1991.1
岩波講座分子生物科学 岡田節人 ほか編 岩波書店
1989.10
遺伝学 R.H.タマリン 原著 ; 福田一郎 ほか共訳 培風館
1988.1
生物進化を考える 木村資生 著 岩波書店
1988.4
遺伝学 R.H.タマリン 原著 ; 三浦謹一郎, 渡辺公綱 共訳 培風館
1988.6
分子進化学入門 今堀宏三 ほか共編 培風館
1986.6
分子進化の中立説 木村資生 著 ; 向井輝美, 日下部真一 訳 紀伊国屋書店
1986.10
分子進化学入門 木村資生 編 培風館
1984.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想