馬 融   (79-166)

馬 融(ば ゆう、79年(建初4年) - 166年(延熹9年))は、中国・後漢中期の学者・政治家。 右扶風・茂陵県(陝西省興平市)の人。 字は季長。 後漢の伏波将軍馬援の族孫。 祖父は馬余(馬援の次兄)。 父は馬厳(後漢の将作大匠)。 兄に馬続。 叔父に馬敦。 娘(馬倫)は袁隗の妻。 従妹(馬敦の娘)は趙岐の妻。 族子に馬日磾。 『後漢書』に伝がある。 [生涯] 後漢の名門である馬氏の一族として生まれる。 当時、京兆の摯恂という人物が仕官せずに南山に隠れ住み学名が高かった。 馬融は摯恂に師事し広く儒学を学び、経典について研鑚した。 摯恂の娘を妻にしている。 108年(永初2年)、安帝の外戚と...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ バ ユウ
人物別名 馬融
生年 79年
没年 166年
職業・経歴等 儒学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
校訂忠經集註 馬融 編纂 ; 鄭玄 註釈 ; 五十川左武郎 校訂 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.8
忠經 [(漢)馬融撰 ; (漢)鄭玄註] 文求堂書店
1936.8
忠経 馬融 撰 ; 斯文会 編纂 斯文会
昭和10
三字經・千字文・孝經・忠經 : 新註 西島良爾校註 文陽堂
松雲堂
1913.1
忠經 馬融撰 ; 渡邊彰譯 渡辺彰
1911.9
忠経集註 : 増訂 馬融 撰 ; 鄭玄 注 ; 土岐孝造 訂 土岐孝蔵
明18.11
忠経読本 : 標註訓点 馬融 撰 ; 綿引泰 注点 文選楼
明18.1
忠経集註 馬融 撰 ; 姚張斌 訂 ; 原精一 点 佩玉堂
明18.2
忠経 : 訓点 馬融 撰 ; 秋岡寅之輔 点 広文堂
明18.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想