木村 亀二   (1897-1972)

木村 龜二(木村 亀二、きむら かめじ、1897年11月5日 - 1972年3月15日)は、日本の法哲学者、刑法学者。 東北大学名誉教授。 従三位勲二等旭日重光章。 法学博士。 兵庫県出身。 [人物] 牧野英一と並ぶ主観主義刑法学の大家。 教科書(『刑法総論』)は、逝去後も、阿部純二教授によって1978年(昭和53年)に増補されている。 [略歴] 1921年東京帝国大学法学部を卒業後、穂積重遠の推挙で同法学部助手となり、法理学の研究に従事し、1926年九州帝国大学教授となるが、1927年九大事件で大学を追われる。 その後、当時東京帝国大学教授であった牧野英一に誘われ、牧野の研究室で主として...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ カメジ
人物別名 木村亀二
生年 1897年
没年 1972年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
犯罪論の新構造 木村龜二 著 有斐閣
2001.5
犯罪論の新構造 木村龜二 著 有斐閣
2001.5
刑法の基本問題 木村亀二 著 有斐閣
1979.7
刑法総論 木村亀二 著 ; 阿部純二 増補 有斐閣
1978.4
刑法 木村亀二, 阿部純二 編 日本評論社
1976
刑法 平野竜一 著 有斐閣
1975
判例による刑法入門 木村亀二 編 青林書院新社
1972
刑法 平野竜一 著 有斐閣
1972
刑法総論判例ハンドブック 木村龜二編 日本評論社
1972.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
第4編: 犯罪と社会 木村 亀二
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想