三浦 環   (1884-1946)

Wikipedia「三浦環

「青空文庫」より

三浦 環(みうら たまき、1884年(明治17年)2月22日 - 1946年(昭和21年)5月26日)は、日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。 十八番であった、プッチーニの『蝶々夫人』の「蝶々さん」と重ね合わされて、国際的に有名だった。 元の名は柴田環(しばた たまき)、次いで藤井環(ふじい たまき)といった。 [生い立ち] 東京府芝で、公証人の柴田猛甫を父に、永田登波を母に生まれ長唄、琴、日本舞踊を学ぶ。 1900年に東京音楽学校に進み、ピアノを滝廉太郎に師事。 1903年に日本人による最初のオペラ上演に出演する(『オルフェオとエウリディーチェ』のエウリディーチェ役)。 1904...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミウラ タマキ
人物別名 三浦環

柴田, 環
生年 1884年
没年 1946年
職業・経歴等 ソプラノ歌手

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三浦環 三浦環 [著] ; 吉本明光 編 日本図書センター
1997.6
お蝶夫人 吉本明光 編 大空社
1996.4
喜劇の天才=チャップリン ; 頭にいっぱい太陽を=イヴ・モンタン自伝 ; 人間と仮面=シャリアピン自伝 ; お蝶夫人=三浦環自伝 ピーター・コーツ, セルマ・ニクロース著 ; 岩崎昶訳 ; イヴ・モンタン著 ; 渡辺淳訳 ; 内山敏, 久保和彦訳 ; 三浦環著 ; 吉本明光編 角川書店
1961
メヌエット L.Boccherini 作曲 全音楽譜出版社
1948.6
お蝶夫人 三浦環 [著] ; 吉本明光 編 右文社
昭和22
わが芸術の道 三浦環 著 世界創造社
昭和17
お蝶夫人 : 歌劇 ダビット・ベラスコ [著] ; 三浦環 [訳] 音楽世界社
昭12
お蝶夫人 : 歌劇 三浦環 訳 三浦環事務所
昭和12
姫松小松 三浦環獨唱 ; 山田耕作編作曲 セノオ音楽出版社
1922
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想