根本 正   (1851-1933)

根本 正(ねもと しょう、1851年10月25日(嘉永4年10月1日)) - 1933年(昭和8年)1月5日)は、幕末の水戸藩士、明治・大正時代の衆議院議員。 帝国教育会東京府会員、殖民協会幹事などを歴任し、1898年(明治31年)第5回総選挙以降、連続当選10回。 未成年者喫煙禁止法・未成年者飲酒禁止法を提唱し、成立させた。 [経歴] 常陸国那珂郡東木倉村(現・茨城県那珂市)の村役人の家に生まれ、祖父・半次衛門に読み書きを習い、1860年(万延元年)には神職・佐川伊予之介の塾に入って漢籍を学ぶ。 1863年(文久3年)、親族の彰考館総裁・豊田天功の門人となって水戸学を学び、翌1864年(元...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ネモト タダシ
人物別名 根本正

Nemoto, Sho
生年 1851年
没年 1933年
職業・経歴等 警察官

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
教育と禁酒 : 少年禁酒軍講演会にて 根本正 述 根本正
昭和5
遠山関西視察団誌 根本正 著 根本正
大正15
地租委譲反対論 根本正 著 根本正
大正14
支那滿鮮 根本正 述 根本正
1921.11
水郡鉄道成立経過 根本正 編 根本正
大正8
根本四郎昇天記念 根本正 著 根本正
大正2
米国国民論 イライシア・ムルフオード 著 ; 根本正 訳 教文館書肆
大正2
第二十五回帝国議会報告 根本正 著 根本正
明42.4
欧米女子立身伝 根本正 訳編 吉川弘文館
明39.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想