木原 均   (1893-1986)

木原 均(きはら ひとし、1893年10月21日 - 1986年7月27日)は、日本の遺伝学者。 京都大学名誉教授。 元国立遺伝学研究所所長。 理学博士(京都帝国大学、1924年)。 [人物] コムギの祖先を発見した。 近縁の植物のゲノムと遺伝子との関係を知り、ゲノムの遷移や進化の過程を調査するのに用いられる手法を確立したことで有名。 また、スイバの研究から種子植物の性染色体も発見した。 種なしスイカの開発者でもある。 また、日本スキー草創期に発展に尽くした一人で、科学的トレーニングを提唱し、スキー、テニス、野球などをたしなんだ。 [逸話] 木原がコムギの遺伝子の研究をすることになったきっ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キハラ ヒトシ
人物別名 木原均
生年 1893年
没年 1986年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代日本生物学者小伝 木原均 [ほか] 監修 平河出版社
1988.12
一粒舎主人寫眞譜 木原均 著 木原生物学研究所
1985.4
私の生物学 : 小さい実験 木原均 編著 講談社
1979.3
植物の世界 木原均 ほか著 学生社
1978.7
生物講義 木原均 著 講談社
1976
標準高等生物 : 指導資料 木原均 [ほか] 著 講談社
1974
教養講座シリーズ 国立教育会館 編 帝国地方行政学会
1973
小麦の合成 : 木原均随想集 木原均著 講談社
1973
今西錦司座談録 - 河出書房新社
1973
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想