矢部 長克   (1878-1969)

矢部 長克(やべ ひさかつ、1878年12月3日 - 1969年6月23日)は、日本の地球科学者。 東京生まれ。 東北大学名誉教授。 東京大学卒業。 [人物] 日本での地質学、古生物学の創始者。 日本と大陸の構造学的研究や北海道のアンモナイト化石の研究で有名。 1918年糸魚川静岡構造線を提唱した。 他にも、日本列島が100万年前に大陸から分離したと発表して反響を呼んだ。 1953年文化勲章受章。 1969年叙勲一等授瑞宝章。 父・長禎は開業医。 兄は植物学者の矢部吉禎。 息・一郎は東北大学図書館司書を努めた。 [関連項目] 文化勲章受章者の一覧 糸魚川静岡構造線 [外部リンク] 東北大...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤベ ヒサカツ
人物別名 矢部長克
生年 1878年
没年 1969年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本古生物学の回想 小林貞一, 鹿間時夫 編 日本古生物学会
1970
珊瑚礁問題 ; ヤツプ島の造礁珊瑚並に裾礁に就いて ; 南洋群島の珊瑚礁に就きて 矢部長克 [著] ; 杉山敏郎 [著] ; 浅野清 [著] 東北帝国大学
1942.10
矢部教授還暦記念論文集 矢部教授還暦記念会 編 矢部教授還暦記念会
昭和16
矢部教授還暦記念祝賀講演録 - [ ]
昭和16
矢部教授還暦記念論文集 矢部教授還暦記念会 編 矢部教授還暦記念会
昭14
矢部教授還暦記念論文集 矢部教授還暦記念會編輯 矢部教授還暦記念会
1939.6-1941.11
中、下部瑞穗統 矢部長克 [著] 東北帝国大学
1935.2
本邦に於ける鮮新期と更新期との分界に就いて 矢部長克 [著] 日本学術協会
1929
關東山地山中地溝帯白亜紀の介化石 矢部長克, 長尾巧 [著] 者不明
[1926]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想