茅 誠司   (1898-1988)

茅 誠司(かや せいじ、1898年(明治31年)12月21日 - 1988年(昭和63年)11月9日)は、神奈川県生まれの物理学者。 第17代東京大学総長(1957年 - 1963年)。 [人物・来歴] 旧制厚木中学校(現神奈川県立厚木高等学校)、東京高等工業学校(現東京工業大学)を経て、東北帝国大学理学部卒業。 伊登子夫人は天文学者・木村栄の長女。 長男は工学者の茅陽一、次男は化学者の茅幸二(理化学研究所所長)。 専門は、強磁性結晶体の研究。 しかし、茅が師事していた本多光太郎は、茅の考え方に否定的だった。 日本学術会議会長として日本の南極観測参加に尽力する。 また、日本の原子力研究の創始...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カヤ セイジ
人物別名 茅誠司
生年 1898年
没年 1988年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
英日中工業技術大辞典 - 工業調査会
1994.2
碩学に聞く 茅誠司 ほか著 竹井
1986.5
現代の随想 茅誠司編 弥生書房
1983.2
リーダーのための青少年育成48章 日高幸男 編著 日常
1980.7
高等学校物理 茅誠司 [ほか] 著 学校図書
1980.1
現状打破の発想 茅誠司, 井深大 編 ダイヤモンド社
1979.7
高等学校物理 茅誠司著 学校図書
1979.1
高等学校物理 茅誠司 [ほか] 著 学校図書
[1979]
私の書斎 向坂逸郎,茅誠司,樋口清之[ほか]著 竹井
1978.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想