荒木 貞夫   (1877-1966)

荒木 貞夫(あらき さだお、1877年(明治10年)5月26日 - 1966年(昭和41年)11月2日)は、日本の陸軍軍人、第1次近衛内閣・平沼内閣の文部大臣、男爵。 最終階級は陸軍大将。 皇道派の重鎮であり、昭和初期の血気盛んな青年将校のカリスマ的存在であった。 1931年(昭和6年)より犬養内閣・齋藤内閣陸相。 1934年(昭和9年)、軍事参議官。 1935年(昭和10年)、軍功により男爵。 1936年(昭和11年)、二・二六事件の粛軍の結果、予備役に編入される。 1938年(昭和13年) - 1939年(昭和14年)、第1次近衛内閣・平沼内閣の文相として国民の軍国化教育に邁進した。 [...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アラキ サダオ
人物別名 荒木貞夫
生年 1877年
没年 1966年
職業・経歴等 閣僚経験者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
荒木貞夫風雲三十年 有竹修二 編 芙蓉書房
1975
荒木貞夫 著 ; 永野大七郎 編 錦城出版社
昭和18
入営読本 小原正忠 著 日本兵書
昭和15
國家の興隆と博物館の重要使命 荒木貞夫著 者不明
[194-]
武士道読本 武士道学会 編 第一出版協会
昭和14
武士道読本 武士道学会 編 第一出版協会
昭14
鎖国日本より世界日本へ 荒木貞夫 著 奉仕会出版部
昭和13
鎖国日本より世界日本へ 荒木貞夫 著 奉仕会出版部
昭和13
非常時局に対して所信を述ぶ 荒木貞夫 述 国策研究社
昭和13
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想