河音 能平   (1933-2003)

河音 能平(かわね よしやす、 1933年3月25日 - 2003年11月22日 )は、日本の歴史学者。 大阪市立大学文学部名誉教授。 専門は日本中世史。 [来歴] 兵庫県神戸市生まれ。 甲南高等学校、京都大学文学部を経て京都大学大学院文学研究科修士課程修了、1962年同博士課程単位取得退学。 八代学院大学助教授を経て、1971年大阪市立大学文学部助教授就任。 後、大阪市立大学文学部教授。 1996年名誉教授。 専門は日本中世で、ドイツ学者との交流や宗教史(天神信仰)の研究が有名。 学生時代の同級生は脇田晴子滋賀県立大学名誉教授、大山喬平京都大学名誉教授。 京大3回生の時に戸田芳実(当時修士...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワネ ヨシヤス
人物別名 河音能平
生年 1933年
没年 2003年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
河音能平著作集 河音能平 著 文理閣
2011.2
河音能平著作集 河音能平 著 文理閣
2011.4
河音能平著作集 河音能平 著 文理閣
2010.9
河音能平著作集 河音能平 著 文理閣
2010.10
河音能平著作集 河音能平 著 文理閣
2010.11
延暦寺と中世社会 河音能平, 福田榮次郎 編 法蔵館
2004.6
能平のアゴラ : 河音能平追悼文集 - 河音能平追悼文集刊行委員会
2004.10
天神信仰の成立 : 日本における古代から中世への移行 河音能平 著 塙書房
2003.3
家族と国家 佐々木潤之介 編 吉川弘文館
2002.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想