中島 徳蔵   (1864-1940)

Wikipedia「中島徳蔵

「青空文庫」より

中島 徳蔵(なかじま とくぞう、文久4年2月2日(1864年3月9日) - 昭和15年(1940年)5月31日)は、日本の教育者。 [経歴] 群馬県出身。 東京帝国大学哲学科卒業後、哲学館にて西洋倫理学と倫理学を担当。 哲学館講師時代の明治33年(1900年)、文部省からの再三の要請を受け、修身教科書起草委員に就任するも、就任してからおよそ半年で解職させられる。 委員会では、修身の教科書を『教育勅語』をもととして作成しようとしていたのに対し、委員に就任した徳蔵の私案が、児童に対しては智仁勇の三徳の涵養を中心としたほうが『教育勅語』よりも理解しやすい、というものであったため、これが勅語撤回論と...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカジマ トクゾウ
人物別名 中島徳蔵
生年 1864年
没年 1940年
職業・経歴等 教育者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「論語」叢書 中島 徳蔵【著】 大空社
2011.10
論語の組織的研究 中島徳蔵 著 大日本
昭和16
殺人の流行と暗殺の心理 ; 赤化の根本的對策 ; 上流人士と自省内觀 高崎雅雄述 ; 中島徳蔵記 ; 徳富猪一郎記 国民礼普及会
1933.2
社会生活の形態と精神 中島徳蔵 述 新更会刊行部
昭和7
ヴント倫理学綱要 中島徳蔵解説 丙午
1929.5
中島徳蔵氏大講演集 大日本雄弁会 編 大日本雄弁会講談社
昭和3
ヴント倫理学綱要 中島徳蔵 著 丙午出版社
大正10
ヴント倫理学綱要 中島徳蔵解説 丙午
1921.6
中等教科大正女大學 加藤弘之, 中島徳藏合著 大日本図書
1913.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想