川村 二郎   (1928-2008)

川村 二郎(かわむら じろう、1928年1月28日 - 2008年2月7日)は、日本のドイツ文学者、文芸評論家。 [来歴・人物] 愛知県名古屋市に、陸軍軍人川村宇一の次男として生まれる。 父の転勤で、静岡、東京、金沢、朝鮮光州、名古屋と転々とし、熱田中学校から第八高等学校在学中に敗戦を迎え、1950年東京大学独文科卒業、愛知学芸大学助手、1952年講師、1953年名古屋大学教養部講師、1957年、篠田一士の誘いで丸谷才一らの同人誌『秩序』に参加、1958年助教授、1960年東京都立大学人文学部助教授となる。 ブロッホ、ムージルなどの翻訳の一方、「保田與重郎論」(1966年)で文藝評論家として...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワムラ ジロウ
人物別名 川村二郎
生年 1928年
没年 2008年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アレゴリーの織物 川村二郎 著 講談社
2012.3
ムシル, A.フランス, ゲーテ 著 ; 川村二郎, 内藤濯, 小牧健夫 訳 ポプラ社
2010.12
ホフマンスタール詩集 ホフマンスタール 著 ; 川村二郎 訳 岩波書店
2009.1
川村二郎書評集1967-2008 川村二郎 [著] ; 読売新聞東京本社文化部編 読売新聞東京本社文化部
2008.4
白山の水 : 鏡花をめぐる 川村二郎 著 講談社
2008.9
芸術の哲学 ゲオルク・ジンメル 著 ; 川村二郎 訳 白水社
2005.10
ジンメル著作集 ジンメル 著 白水社
2004.10
幸田文全集 幸田文 著 ; 川村二郎, 大岡信, 青木玉 編 岩波書店
2003.6
イロニアの大和 川村二郎 著 講談社
2003.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想