川勝 義雄   (1922-1984)

川勝 義雄(かわかつ よしお、1922年(大正11年)11月8日 - 1984年(昭和59年)4月4日)は、日本の東洋史学者。 京都市生まれ。 [略歴] 京都大学文学部卒業。 専攻は主に六朝期の中国史、中国思想史。 フランスに留学してヨーロッパ東洋学を学び、東洋学者アンリ・マスペロの著書を翻訳した。 帰国後京都大学人文科学研究所教授在職中に没した。 哲学者下村寅太郎は親族。 [研究] 内藤湖南・宮崎市定の魏晋南北朝時代を中世とする論を受け継ぐ京都学派の一人であり、特に中国の貴族制研究において谷川道雄と共に「豪族共同体論」を展開し、矢野主税・越智重明らと激しい論争を繰り広げた。 なお同じ中世...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワカツ ヨシオ
人物別名 川勝義雄
生年 1922年
没年 1984年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
道教 アンリ・マスペロ [著] ; 川勝義雄 訳 平凡社
2006.11
魏晋南北朝 川勝義雄 著 講談社
2003.5
史記列伝 司馬遷 著 ; 貝塚茂樹, 川勝義雄 訳 中央公論新社
2001.4
史記列伝 司馬遷 著 ; 貝塚茂樹, 川勝義雄 訳 中央公論新社
2001.6
道教 アンリ・マスペロ 著 ; 川勝義雄 訳 平凡社
2000.1
中国人の歴史意識 川勝義雄著 EBSCO
[20--]
中国人の歴史意識 川勝義雄 著 平凡社
1993.7
中国貴族制社会の研究 川勝義雄, 礪波護 編 京都大学人文科学研究所
1987.3
中国人の歴史意識 川勝義雄 著 平凡社
1986.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想