河上 肇   (1879-1946)

山口生まれ。経済学者。明治35年(1902)東京帝大法科大学政治学科を卒業し、翌年東京帝大農科大学実科講師となる。38年(1905)12月教職を辞して、伊藤証信の無我苑に入るが、翌年2月離脱。41年(1908)京都帝大講師、42年(1909)助教授。大正2年(1913)から4年(1915)までヨーロッパに留学。3年(1914)法学博士、翌年教授となる。5年(1916)『貧乏物語』を大阪朝日新聞に連載し反響を呼んだ。昭和3年(1928)京都帝大を辞職。7年(1932)共産党に入党。翌年検挙され入獄し、12年(1937)6月出獄。以後は漢詩などに親しみ『自叙伝』を執筆。代表的著作は『資本論入門』(1928~9)『経済学大綱』(1929)。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「河上肇

「青空文庫」より

河上 肇(かわかみ はじめ、1879年10月20日 - 1946年1月30日)は、日本の経済学者である。 京都帝国大学でマルクス経済学の研究を行っていたが、教授の職を辞し、共産主義の実践活動に入る。 日本共産党の党員となったため検挙され、獄中生活を送る。 カール・マルクス『資本論』の翻訳(第一巻の一部のみ翻訳)やコミンテルン三十二年テーゼの翻訳のほか、ベストセラー『貧乏物語』の他に、『第二貧乏物語』『資本論入門』の著作がある。 死後に刊行された『自叙伝』は広く読まれた。 名文家であり、漢詩もよく知られている。 福田徳三とは終生のライバルであった。 その著作は毛沢東や李登輝も愛読した。 [生涯...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワカミ ハジメ
人物別名 河上肇

千山万水楼主人
生年 1879年
没年 1946年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大戦間期日本のリカード研究 竹永進 編著 ; 福田徳三, 河上肇, 小泉信三, 堀経夫, 森耕二郎, 舞出長五郎 著 法政大学出版局
2017.2
貧乏物語 河上肇 著 ; 佐藤優 訳・解説 講談社
2016.6
明治史論集 松島榮一編 筑摩書房
2013.1.25
明治史論集 松島榮一編 筑摩書房
2013.1.25
第二貧乏物語 河上肇 著 新日本出版社
2009.6
食楽 吉田和明, 新田準 編 凱風社
2008.11
貧乏物語 河上肇 著 新日本出版社
2008.12
河上肇の遺墨 河上肇 [作] ; 一海知義, 魚住和晃 編 藤原書店
2007.8
陸放翁鑑賞 河上肇 著 ; 一海知義 校訂 岩波書店
2004.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想