川端 康成   (1899-1972)

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家。 大阪府大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)生れ。 東京帝国大学文学部国文学科卒業。 横光利一らと共に『文藝時代』を創刊し、新感覚派の代表的作家として活躍。 『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』などで、死や流転のうちに「日本の美」を表現する。 1968年(昭和43年)にノーベル文学賞を日本人で初めて受賞した。 1972年(昭和47年)4月16日夜、満72歳で自殺(なお、遺書はなかった)。 [経歴] 1899年(明治32年)6月14日、大阪市...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワバタ ヤスナリ
人物別名 川端康成

Kawabata, Yasunari

Кавабата, Ясунарі

Καουαμπάτα, Γιασουνάρι
生年 1899年
没年 1972年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
川端康成, 江戸川乱歩 ほか [著] ; 谷川千佳 絵 汐文社
2017.2
アンソロジーしずおか アンソロジーしずおか編集委員会 編 静岡新聞社
2017.2
伊豆の踊子・禽獣ほか 川端康成 著 筑摩書房
2017.3
変態 平山瑞穂 編 皓星社
2017.3
耳瓔珞 安野モヨコ 選・画 ; 芥川龍之介, 有吉佐和子, 円地文子, 岡本かの子, 織田作之助, 川端康成, 白洲正子 著 中央公論新社
2017.4
文豪エロティカル 田山花袋, 川端康成, 堀辰雄, 太宰治, 谷崎潤一郎, 織田作之助, 芥川龍之介, 森鷗外, 坂口安吾, 永井荷風 著 ; [末國善己] [編] 実業之日本社
2017.8
親友 川端康成 著 小学館
2017.8
新編・日本幻想文学集成 三島由紀夫, 川端康成, 正宗白鳥, 室生犀星 著 ; 橋本治, 松山俊太郎, 矢川澄子 編 国書刊行会
2017.8
山の音 川端康成 [著] Kadokawa
2017.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想