加藤 楸邨   (1905-1993)

加藤 楸邨(かとう しゅうそん、1905年(明治38年)5月26日 - 1993年(平成5年)7月3日)は日本の俳人、国文学者。 本名は加藤健雄。 妻は俳人の加藤知世子。 [生涯] 東京市北千束(現・東京都大田区北千束)に生まれる。 父が鉄道官吏であり出生直後に転勤となったため出生届は山梨県大月市で出された。 父の転勤に伴い少年時代は関東、東北、北陸を転居した。 1921年(大正10年)父の定年退職に伴い、母の郷里である石川県金沢市に転居、石川県立金沢第一中学校(現・石川県立金沢泉丘高等学校)へ転校。 1923年(大正12年)金沢一中を卒業後、石川県松任町立松任小学校(現・白山市立松任小学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カトウ シュウソン
人物別名 加藤楸邨

加藤, 健雄
生年 1905年
没年 1993年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
加藤楸邨句集 加藤楸邨 著 ; 森澄雄, 矢島房利 編 岩波書店
2012.5
加藤楸邨全句集 加藤楸邨 著 寒雷俳句会
2010.10
かな女と楸邨 : 書で楽しむ俳句の世界 : 企画展 さいたま文学館 編 さいたま文学館
2008.10
企画展かな女と楸邨 : 書で楽しむ俳句の世界 さいたま文学館編集 さいたま文学館
2008.10
文のひびき筆のしらべ : さいたま文学館館蔵名品選 : テーマ展 さいたま文学館編 さいたま文学館
2008.1
一茶秀句 加藤楸邨 著 春秋社
2001.7
加藤楸邨 加藤楸邨 著 ; 中嶋鬼谷 編・著 蝸牛新社
2000.5
群馬文学全集 伊藤信吉 監修 群馬県立土屋文明記念文学館
1999.1
奥の細道吟行 加藤楸邨 著 平凡社
1999.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想