加藤 鐐五郎   (1883-1970)

加藤 鐐五郎(かとう りょうごろう、1883年3月11日 - 1970年12月20日)は、日本の政党政治家。 衆議院議長(第48代)、法務大臣(第4代)。 [人物] 愛知県瀬戸市出身。 政界入りする前は医学博士号を持つ医師であり、戦前の帝国議会時代より衆議院議員選挙に通算12回当選した。 造船疑獄に対する指揮権発動で法務大臣を辞任した犬養健の後任法相となり、さらに警職法改正をめぐる国会審議混乱の責任を取って衆議院議長を辞任した星島二郎の後任議長に就任したことから、医師出身の政治家という自らの経歴とあわせ「後始末の専門のヤブ医者」を自称したことで知られている。 戦後の新制歯科大の魁となる愛知学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カトウ リョウゴロウ
人物別名 加藤鐐五郎
生年 1883年
没年 1970年
職業・経歴等 衆議院議員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
蘭印行 加藤鐐五郎 著 新愛知新聞社
昭和17 再版
蘭印行 加藤鐐五郎著 新愛知新聞社出版部
1942.4
蘭印行 加藤鐐五郎著 新愛知新聞社出版部
1942.4
蘭印は動く : 現地報告 加藤鐐五郎 著 国民新聞社出版部
1941
蘭印は動く : 現地報告 加藤鐐五郎 著 新愛知新聞社出版部
昭和16
ポケット工場衛生 加藤鐐五郎著 高橋成弘社
1939.2
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想