加藤 尚武   (1937-)

加藤 尚武(かとう ひさたけ、1937年5月18日 - )は、日本の哲学者。 東京大学特任教授。 京都大学名誉教授、鳥取環境大学名誉学長(初代学長)。 人間総合科学大学教授。 東京出身。 ヘーゲル研究者であるが、シェリングなどドイツ観念論全般についての著述もある。 1979年哲学奨励山崎賞受賞。 1980年代に〈バイオエシックス、生命倫理学〉を、日本に導入した。 また近年は環境倫理についても積極的に発言を行っている。 なお妻の姉は廣松渉の妻である。 [略歴] 1953年 江戸川区立小松川第一中学校卒業 1956年 東京都立両国高等学校卒業 1963年 東京大学文学部哲学科卒業 1968年 東...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カトウ ヒサタケ
人物別名 加藤尚武
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
平和論 加藤尚武著 未来社
2020.1
応用倫理学 加藤尚武著 未来社
2020.3
世代間倫理 加藤尚武著 未来社
2019.5
哲学史 加藤尚武著 未来社
2019.7
技術論 加藤尚武著 未来社
2019.9
経済行動の倫理学 加藤尚武著 未来社
2019.11
加藤尚武著作集 加藤尚武 著 未来社
2018.1
よみがえるヘーゲル哲学 加藤尚武著 未来社
2018.3
倫理学の基礎 加藤尚武著 未来社
2018.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想