片山 潜   (1859-1933)

片山 潜(かたやま せん、安政6年12月3日(1859年12月26日) - 昭和8年(1933年)11月5日)は、日本の労働運動家・社会主義者・マルクス主義者・思想家・社会事業家。 号は深甫。 [生涯] 美作国久米南条郡羽出木村(後の弓削町、現在の岡山県久米郡久米南町羽出木)に庄屋藪木家の次男として生まれる。 幼名は菅太郎(すがたろう)。 明治10年(1877年)10月、神目村(現在の久米南町神目中)の親戚・片山幾太郎の養子となる。 この養子縁組は兵役忌避が目的だったと言われている。 明治13年(1880年)に岡山師範学校(現在の岡山大学教育学部)に入学するが、翌14年(1881年)に退学し...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カタヤマ セン
人物別名 片山潜
生年 1859年
没年 1933年
職業・経歴等 教育者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代日本社会学史叢書 近代日本社会学史叢書編集委員会 編 竜渓書舎
2008.2
近代日本社会学史叢書 近代日本社会学史叢書編集委員会 編 竜渓書舎
2008.2
社会学講義全 ; 都市社会主義 久松義典著 ; 片山潜著 竜渓書舎
2008.2
初期在北米日本人の記録 奥泉栄三郎 監修 文生書院
2006.11
近代欧米渡航案内記集成 山根吾一編 ; 片山潜著 ゆまに書房
2000.7
片山潜 : 歩いてきた道 片山潜 著 日本図書センター
2000.12
大正中国見聞録集成 小島晋治 監修 ゆまに書房
1999.10
都市社会主義・鉄道新論 片山潜 著 神戸都市問題研究所
1992.4
日系移民資料集 - 日本図書センター
1991.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想