家近 亮子   (1954)

家近 亮子(いえちか りょうこ)は、日本の政治学者、敬愛大学国際学部教授。 専門は中国近現代政治史 [略歴] 1977年、慶應義塾大学法学部卒業。 1980年、同大学院法学研究科修士課程修了。 1992年、同大学院法学研究科博士課程満期退学。 2001年、「南京国民政府の研究 : 支配の不浸透要因の分析」により、慶應義塾大学より博士(法学)の学位取得。 1998年より敬愛大学国際学部助教授・准教授(-2008年)、2008年より現職。 蒋介石時代の中華民国史研究を専門としており、特に近年は「蒋介石日記」を活用した外交政策分析を中心に研究を発表している。 [著書] 『蒋介石と南京国民政府――...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イエチカ リョウコ
人物別名 家近亮子

Iechika, Ryoko

Ietika, Ryōko
生年 1954年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代東アジアの政治と社会 家近亮子著 放送大学教育振興会
2020.3
近代中国人名辞典 近代中国人名辞典修訂版編集委員会【編】 国書刊行会
霞山会
2018.3.20
昭和史講義 筒井清忠 編 筑摩書房
2015.7
近代中国人名辞典 山田辰雄 編 霞山会
1995.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想