片岡 直温   (1859-1934)

片岡 直温(かたおか なおはる、1859年10月13日(安政6年9月18日)- 1934年5月21日)は、明治・大正・昭和初期の実業家、政治家。 土佐国(現在の高知県)出身。 片岡直輝の弟で、片岡安は娘婿。 [来歴・人物] 小学校教員、郡書記、滋賀県警察部長を経て1880年に上京、伊藤博文に知られその縁で内務省に入省。 1889年に官僚を辞し、弘世助三郎に日本生命保険会社の実務を任せられ、創立時に副社長に就任。 日本生命初代社長鴻池善右衛門に続き、1903年より1919年までの17年に渡って2代目社長を務めた。 1915年、都ホテルの社長に就任。 共同銀行、関西鉄道などでも活躍した。 政界に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カタオカ ナオハル
人物別名 片岡直温

片岡, 桃僊
生年 1859年
没年 1934年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大正昭和政治史の一断面 : 続回想録 片岡直温 著 西川百子居文庫
昭和9
大正昭和政治史の一断面 : 続回想録 片岡直温 著 西川百子居文庫
1934
回想録 : 伊藤,中井,井上,桂諸公其の他 片岡直温 著 百子居文庫
昭和8
第五十二議会に関聯せる金融問題 片岡直温 著 中西
昭和2
経済組織の改革 : 現代組織の批判と対応策 片岡直温 著 片岡直温
大正10
桃僊獅子吼集 片岡直温 著 竜潜窟
大正10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想