冠 松次郎   (1883-1970)

冠松次郎(かんむり まつじろう, 1883年2月4日 - 1970年7月28日)は、日本の登山家であり、黒部峡谷の地域研究、山岳紀行文でも知られる。 東京生まれ。 [経歴] 1902年(明治35年)頃より登山を開始し、奥多摩、日光、富士山などの山を登った。 日本アルプスの初登山は、1909年(明治42年)。 1911年(明治44年)、白馬岳に登り、祖母谷を流れに沿って下り、初めて黒部峡谷に入る。 その後、黒部の虜となり、本流を中心として支流・尾根を踏査し、秘境黒部の谷や山の全貌を明らかにした。 1917年(大正6年)、早月尾根より剱岳に登攀。 1918年(大正7年)には、立山一ノ越より御山谷...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カンムリ マツジロウ
人物別名 冠松次郎
生年 1883年
没年 1970年
職業・経歴等 登山家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
キャンプ日和 大町桂月 [ほか] 著 河出書房新社
2021.4
黒部と槍 冠松次郎, 穂苅三寿雄 [撮影] ; 東京都写真美術館 編 東京都歴史文化財団東京都写真美術館
2014
冠松次郎 著 中央公論新社
2004.10
冠松次郎 著 中央公論新社
2003.9
峰と渓 冠松次郎 著 河出書房新社
2002.5
黒部渓谷 冠松次郎著 EBSCO
[20--]
黒部渓谷 冠松次郎 著 平凡社
1996.5
冠松次郎 著 中央公論社
1979.4
黒部谿谷 冠松次郎 著 大修館書店
1975.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想