金子 幸彦   (1912-1994)

金子 幸彦(かねこ ゆきひこ、1912年1月5日 - 1994年7月25日)は、ロシア文学者、一橋大学名誉教授。 東京新宿津久戸町出身。 私立早稲田中学校を経て、東京外国語学校ロシア語科卒。 在学中治安維持法違反で逮捕され勾留される。 逓信省属を経て、1948年から旧制東京商科大学予科非常勤講師、1951年一橋大学社会学部講師、1954年同助教授昇格、1957年同教授昇格。 この間1953年から1972年まで北海道大学スラブ研究センター客員研究員。 1977年一橋大学を定年退官。 ニコライ・ドブロリューボフ「オブローモフ主義とは何か」、アレクサンドル・ゲルツェン「過去と思索」、ニコライ・チェル...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネコ ユキヒコ
人物別名 金子幸彦
生年 1912年
没年 1994年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
イワンのばか レフ・トルストイ 作 ; 金子幸彦 訳 岩波書店
2000.10
過去と思索 アレクサンドル・ゲルツェン 著 ; 金子幸彦, 長縄光男 訳 筑摩書房
1999.1
過去と思索 アレクサンドル・ゲルツェン 著 ; 金子幸彦, 長縄光男 訳 筑摩書房
1999.4
ロシア文学案内 藤沼貴, 小野理子, 安岡治子 著 岩波書店
1999.5
過去と思索 アレクサンドル・ゲルツェン 著 ; 金子幸彦, 長縄光男 訳 筑摩書房
1998.8
世界の文学セレクション36 プーシキン;ゴーゴリ;ツルゲーネフ【著】;金子 幸彦;木村 彰一【訳】 中央公論社
1994.10
イワンのばか トルストイ作 ; 金子幸彦訳 岩波書店
1990.9
イワンのばか トルストイ 作 ; 金子幸彦 訳 岩波書店
1987.12
チェルヌィシェフスキイの生涯と思想 金子幸彦 [ほか]編著 社会思想社
1981.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想