金子 務   (1933-)

金子 務(かねこ つとむ、1933年- )は、科学史家、大阪府立大学名誉教授。 [来歴・人物] 埼玉県川越市生まれ。 1957年東京大学教養学部教養学科卒。 読売新聞社記者、中央公論社編集者、『自然』編集部次長。 81年『アインシュタイン・ショック』でサントリー学芸賞受賞。 85年大阪府立大学人間文化学研究科教授。 97年定年退官、名誉教授、図書館情報大学教授、99年帝京平成大学教授。 2007年退職。 国際日本文化研究センター共同研究員、形の文化会会長、(財)日本科学協会理事。 [著書] 私たちの世界動物記 3 ゴリラ 三十書房 1963 廃物を科学する 大量消費時代への挑戦 早川書房 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネコ ツトム
人物別名 金子務
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
科学と宗教 : 対立と融和のゆくえ 日本科学協会編 ; 伊東俊太郎 [ほか] 著 中央公論新社
2018.4
「中尾佐助照葉樹林文化論」の展開 山口裕文, 金子務, 大形徹, 大野朋子 編著 北海道大学出版会
2016.6
文理統合研究の有効性を探る総括シンポジウム2013 : 総合研究大学院大学・学融合推進センター研究費助成プロジェクト「日本における諸科学の編制と基礎概念の検討」 鈴木貞美編著 人間文化研究機構国際日本文化研究センター
総合研究大学院大学・学融合推進センター研究費助成プロジェクト「日本における諸科学の編制と基礎概念の検討」
2014.3
世界歴史建築大図鑑 ドーリング・キンダースリー 編 ; 金子務 日本版監修 ; 坂崎竜 訳 原書房
2013.5
エネルギーを考える : 学の融合と拡散 : プロジェクト「日本における諸科学の編成と基礎概念の検討-文理統合の有効性をさぐる」 金子務, 鈴木貞美 編 作品社
2013.10
宇宙像の変遷 金子務 著 左右社
2013.12
宮澤賢治イーハトヴ学事典 天沢退二郎, 金子務, 鈴木貞美 編 弘文堂
2010.12
アインシュタインの天使 : はじめに落下ありき 金子務, 荒俣宏 著 さんが
2009.2
図説アインシュタイン 金子務 監修 ; 千葉透 文 河出書房新社
2007.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想