金子 彦二郎   (1889-1958)

金子 彦二郎(かねこ ひこじろう、1889年6月20日 - 1958年5月27日)は、国文学者。 新潟県出身。 東京高等師範学校卒。 帝国女子専門学校(のち相模女子大学)国文科主任、1945年「平安時代文学と白氏文集 句題和歌千載佳句研究篇」で帝国学士院賞受賞。 1946年「平安時代文学と白氏文集」で慶應義塾大学文学博士。 女子学習院教授、東洋大学教授。 女子教育の実践者として研究されている。 [著書] 『死生の境に発揮せられたる日本国民性』東京宝文館 1922 『辭典を兼ねたる女學生の作文』文洋社 1926 『三元的国語教授へ』明治図書 1927 『言葉の魔性神秘性に徹せる国語教授へ』昭...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネコ ヒコジロウ
人物別名 金子彦二郎
生年 1889年
没年 1958年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
平安時代文学と白氏文集 金子彦二郎著 芸林舎
1977-1978
昭和新抄丈記徒然草 金子彦二郎校註 光風館
1960.1
昭和新抄方丈記徒然草 金子彦二郎校註 光風館
1958.1
昭和新抄徒然草 金子彦二郎校註 光風館
[1956]
昭和新抄平家物語 金子彦二郎校註 光風館
[1956]
昭和新抄枕草子 金子彦二郎校註 光風館
[1956]
句題和歌選集 金子彦二郎 校訂 長谷川書房
1955
平安時代文学と白氏文集 金子彦二郎 著 培風館
1955
平安時代文学と白氏文集 金子彦二郎著 培風館
1955
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想