下山 順一郎   (1853-1912)

愛知犬山生まれ。薬学者。明治3年(1870)犬山藩の貢進生として大学南校独逸語科に学ぶ。6年(1873)第一大学区医学校製薬学科に進学。12年(1879)製薬士の学位を受け、その後、陸軍薬剤官と大学助教授を兼任する。16年(1883)に日本薬局方編纂御用掛となるが、ストラスブルグ大学に留学。帰国後、帝国大学医科大学教授となり、薬剤師試験委員、日本薬剤師会理事長などを歴任。東京薬学校を設立し、日本の薬学界の発展に寄与した。郊外に是好園という薬草園を持った。

「近代日本人の肖像」より

下山 順一郎(しもやま じゅんいちろう、嘉永6年2月18日(1853年3月27日) - 明治45年(1912年)2月12日)は、明治時代の日本の薬学者。 薬学博士第1号であり、日本薬剤師会第2代会長、私立薬学校(現東京薬科大学)初代校長。 [略歴] 嘉永6年(1853年)、尾張犬山藩士、藩校敬道館助教下山健治・よしの長男として生まれる。 明治3年(1870年)犬山藩の貢進生として大学南校独逸語科に学び、明治6年(1873年)第一大学区医学校(現・東京大学)製薬学科に進学。 明治11年(1879年)第1回生として首席で卒業し、翌年製薬士の学位を受け、その後、陸軍薬剤官と大学助教授を兼任する。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シモヤマ ジュンイチロウ
人物別名 下山順一郎
生年 1853年
没年 1912年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
生薬学 下山順一郎 著 ; 朝比奈泰彦, 藤田直市 増補 南江堂
昭和18
製薬化学 下山順一郎[著] 南江堂
1942-1943
藥用植物學 下山順一郎著 ; 柴田桂太増訂 南江堂
1941
生薬学 下山順一郎 著 ; 朝比奈泰彦, 藤田直市 増補 南江堂
昭14
製藥化學 下山順一郎 [著] 南江堂
1939.8
藥用植物學 下山順一郎著 ; 柴田桂太増訂 南江堂
1939
製藥化學 下山順一郎 [著] 南江堂
1938.2
日本薬制註解 下山順一郎, 池口慶三 著 ; 川畑秀太郎 増訂 南江堂
昭11
藥用植物學 : 全 下山順一郎著 ; 柴田桂太増訂 南江堂
1935.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想