金谷 治   (1920-2006)

金谷 治(かなや おさむ、1920年2月20日 - 2006年5月5日)は、日本の東洋学者。 専門は中国哲学、特に中国古代思想史。 三重県伊賀市出身。 長男は金谷茂則(大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻教授)。 [業績] 岩波文庫版で、現行の『論語』および『孫子』・『荀子』・『荘子』・『韓非子』・『大学、中庸』の訳注書を刊行。 講談社学術文庫で、『易の話 易経と中国人の思考』・『淮南子の思想 老荘的世界』・『老子 無知無欲のすすめ』(訳註解説)・『孔子』(伝記研究、新編『論語』)を再刊している。 主著に、『管子の研究 中国古代思想史の一面』(岩波書店) 論考集に、『金谷治中国思想論集』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カナヤ オサム
人物別名 金谷治
生年 1920年
没年 2006年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
墨子 墨子【著】;金谷 治【訳】 中央公論新社
2018.2.25
老荘思想がよくわかる本 金谷治 著 新人物往来社
2012.1
孫ピン兵法 : もうひとつの『孫子』 孫ピン 著 ; 金谷治 訳・注 筑摩書房
2008.10
高等学校古典 : 指導資料 高等学校古典編集委員会編 ; 柴田武, 金谷治 [ほか] 著 三省堂
2008.3
高等学校現代文 : 指導資料 高等学校現代文編集委員会編 三省堂
2008.3
新編現代文 : 指導資料 新編現代文編集委員会編 三省堂
2008.3
新編国語総合 柴田武, 金谷治 [ほか] 著 三省堂
2007.3
高等学校国語総合 柴田武, 金谷治 [ほか] 著 三省堂
2007.3
諸子百家争鳴 貝塚茂樹, 小川環樹, 森三樹三郎, 金谷治 著 中央公論新社
2007.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想