金谷 晴夫   (1930-1984)

金谷 晴夫(かなたに はるお、1930年2月3日 - 1984年2月13日)は、発生生物学者。 東京大学海洋研究所助教授、岡崎国立共同研究機構分子科学研究所教授を経て、基礎生物学研究所所長。 兵庫県生まれ。 甲南高等学校 (旧制)を経て東京大学理学部卒業。 1961年東京大学理学博士 「プラナリアの極性に関する実験的研究 」 ヒトデを材料とした研究で新ホルモンの存在を発見したり、生殖の内分泌機構を解明した。 1983年文化功労者。 同年中日文化賞(多細胞動物の卵成熟機構の研究)受賞。 姉の平岡芳江はIA Prep School 平岡(旧称、平岡塾)の開塾者で初代塾長。 [脚注] 日本の生物学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カナタニ ハルオ
人物別名 金谷晴夫
生年 1930年
没年 1984年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
実験生物学講座 金谷晴夫, 山上健次郎編 丸善
1985.6
実験生物学講座 金谷晴夫, 藤田善彦編 丸善
1983.7
現代生物学大系 金谷晴夫 [ほか] 編集 中山書店
1980.5
ホルモンの生物科学 日本比較内分泌学会 編 東京大学出版会
1976
現代の遺伝学 大島長造 等編集 朝倉書店
1973
受精 C.R.Austin 著 ; 金谷晴夫 訳 丸善
1972
生物学の歩み モーリス・コールリー 著 ; 日高敏隆, 金谷晴夫 共訳 白水社
1957
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想