金丸 三郎   (1914-2007)

金丸 三郎(かねまる さぶろう、1914年(大正3年)2月8日 - 2007年(平成19年)8月15日)は、日本の官僚、政治家。 総務庁長官、鹿児島県知事、自由民主党参議院議員、自治事務次官、参議院協会会長、財団法人井上育英会顧問を務めた。 位階は従三位。 勲等は勲一等瑞宝章。 学位は法学士(東京大学)。 称号は特定非営利活動法人日本居合道連盟名誉範士。 [来歴・人物] 鹿児島県出身。 鹿児島県立第一鹿児島中学校(のち鹿児島県立鶴丸高等学校)、第七高等学校造士館(のち鹿児島大学)を経て、東京帝国大学(のち東京大学)法学部卒業後の1938年(昭和13年)、内務省入省。 鹿児島県副知事、自治事務...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネマル サブロウ
人物別名 金丸三郎
生年 1914年
没年 2007年
職業・経歴等 閣僚経験者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
美意延年 金丸三郎 著 三宝
1982.5
美意延年 金丸三郎 著 南日本新聞出版
春苑堂書店
1974.12
新選挙制度論 金丸三郎 著 政経書院
1966.12
条例と規則 金丸三郎 著 良書普及会
1964.11
逐條精義地方自治法 金丸三郎 著 政経書院
1954.7
選挙制度 金丸三郎 著 学陽書房
1954
選挙制度改革の諸問題 金丸三郎 著 政経書院
1954
選挙関係争訟の研究 盛一銀二郎 著 帝国地方行政学会
1953
条例と規則 金丸三郎, 若林仙二 共著 良書普及会
1953
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想