田中 智仁   (1982)

田中 智仁(たなか ともひと、1982年-)は、日本の社会学者。 犯罪社会学や環境犯罪学に依拠した警備業研究を展開している。 また、アニメーションのエログロ表現に関する研究も行っている。 論文「犯罪統制主体としての警備業―その社会学的位置づけ」により2009年に白山社会学会賞を受賞した。 また、著書『警備業の社会学―「安全神話崩壊」の不安とリスクに対するコントロール』により、2010年に日本社会病理学会出版奨励賞と日本犯罪社会学会奨励賞を受賞した 。 ほか、2010年に特定非営利活動法人日本防犯装備協会特別功労賞を受賞している 。 [略歴] 1982年、東京都に生まれる 2005年、文教大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タナカ トモヒト
人物別名 田中智仁
生年 1982年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
社会病理学の足跡と再構成 朝田佳尚, 田中智仁編著 学文社
2019.10
警備ビジネスで読み解く日本 田中智仁著 光文社
2018.6
犯罪・非行の社会学 岡邊健 編 有斐閣
2014.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想