宇佐美 まこと   (1957-)

宇佐美 まこと(うさみ まこと 1957年- )は、愛媛県生まれの日本の小説家。 女性。 2007年、「るんびにの子供」でメディアファクトリーが主催する第1回『幽』怪談文学賞短編部門大賞を受賞する。 同年、受賞作を表題作とした単行本『るんびにの子供』でデビュー。 [作品の特徴] 地方都市で主婦として生きてきた経験を生かした、人間の負の側面を怪談へと導く作風が特徴。 淡々とした筆致ながら、市井の人々に潜む暗い情念を書くことを得意とし、鬼気迫るものがある。 [著作] るんびにの子供(2007年6月 メディアファクトリー幽ブックス) (収録作品)るんびにの子供 / 柘榴の家 / 手袋 / キリコ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウサミ マコト
人物別名 宇佐美まこと
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
いきぢごく 宇佐美まこと [著] 角川春樹事務所
2019.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想