神谷 不二   (1927-2009)

神谷 不二(かみや ふじ、1927年1月6日 - 2009年2月20日)は、日本の国際政治学者、法学博士(京都大学、1967年)、慶應義塾大学名誉教授。 [人物] 愛知県名古屋市出身。 当初は岡義武の下で近代イギリス外交史を研究したが、後に関心を現代国際政治へと移し、現代アジアの国際政治、日米関係などを研究対象とする。 1966年に発表した著書『朝鮮戦争』で、戦争の発端は北朝鮮による侵略であったと論じ、従来米韓の「北侵」によるとされてきた戦争起源論に反論したことで、大きな注目を浴びた。 1993年から2002年まで、長く防衛学会(後に国際安全保障学会)の会長を務めた。 日本政府の外交政策ブレ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カミヤ フジ
人物別名 神谷不二
生年 1927年
没年 2009年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
国際政治の半世紀 神谷不二 著 三省堂
2001.6
勝負の美学 神谷不二 著 PHP研究所
1999.8
朝鮮半島論 神谷不二 著 PHP研究所
1994.11
現代の国際政治 神谷不二, 高橋和夫 著 放送大学教育振興会
1994.1(第5刷)
世界情勢の変化と日本の安全保障 神谷不二 [ほか著] 隊友会
1991.2
現代の国際政治 神谷不二, 高橋和夫 著 放送大学教育振興会
1991.3
朝鮮半島で起きたこと起きること 神谷不二 著 PHP研究所
1991.11
朝鮮戦争 神谷不二 著 中央公論社
1990.3
戦後史の中の日米関係 神谷不二 著 新潮社
1989.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想