恒川 光太郎   (1973-)

恒川 光太郎(つねかわ こうたろう、1973年8月18日 - )は、日本の小説家・ホラー作家。 [来歴] 東京都武蔵野市出身。 大東文化大学経済学部卒業。 29歳の頃に沖縄県に移住し、塾の先生をしながら書いた「夜市」で第12回(2005年)日本ホラー小説大賞を受賞。 選評で高橋克彦に「発想の転換」の才能を持つ人物だと評された。 受賞作と書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』で小説家デビューを果たした。 「風の古道」はネモト摂(木根ヲサムの別名義)により漫画化され、2006年週刊ヤングサンデーに全5話で短期連載された。 その後、2007年より同誌にて再び木根ヲサムの手によって連載漫画化、世...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツネカワ コウタロウ
人物別名 恒川光太郎

Tsunekawa, Kotaro

Tunekawa, Kotaro
生年 1973年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
白昼夢の森の少女 恒川光太郎著 Kadokawa
2019.4
走る? 東山彰良, 中田永一, 柴崎友香 ほか 著 文芸春秋
2017.8
猫ミス! 新井素子, 秋吉理香子, 芦沢央, 小松エメル, 恒川光太郎, 菅野雪虫, 長岡弘樹, そにしけんじ 著 中央公論新社
2017.10
坂木司リクエスト!和菓子のアンソロジー 小川一水, 木地雅映子, 北村薫, 近藤史恵, 坂木司, 柴田よしき, 日明恩, 恒川光太郎, 畠中恵, 牧野修 著 光文社
2014.6
坂木司リクエスト!和菓子のアンソロジー 小川一水, 木地雅映子, 北村薫, 近藤史恵, 坂木司, 柴田よしき, 日明恩, 恒川光太郎, 畠中恵, 牧野修 著 光文社
2013.1
二十の悪夢 : 角川ホラー文庫創刊20周年記念アンソロジー 岩井志麻子, 小林泰三, 朱川湊人, 恒川光太郎, 平山夢明, 藤木稟 著 Kadokawa
2013.10
きみが見つける物語 : 十代のための新名作 あさのあつこ, 魚住直子, 角田光代, 笹生陽子, 森絵都, 椰月美智子 著 ; 角川文庫編集部 編 角川グループパブリッシング
角川書店
2012.4
きみが見つける物語 : 十代のための新名作 いしいしんじ, 大崎梢, 宗田理, 筒井康隆, 三崎亜記 著 ; 角川文庫編集部 編 角川グループパブリッシング
角川書店
2010.1
きみが見つける物語 : 十代のための新名作 小川洋子, 荻原浩, 加納朋子, 川島誠, 志賀直哉, 山本幸久 著 ; 角川文庫編集部 編 角川グループパブリッシング
角川書店
2010.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想