馬淵 清資   (1950-)

馬渕 清資(まぶち きよし、1950年(昭和25年)- )は、日本の工学者。 床に置かれたバナナの皮を人間が踏んだときの摩擦係数を計測した研究に対して2014年にイグノーベル賞(物理学賞)を受賞した。 学位は、工学博士(東京工業大学)。 [経歴] 1969年 - 愛知県立旭丘高等学校卒業 1973年 - 東京工業大学工学部卒業 1978年 - 東京工業大学大学院博士課程修了 1978年 - 北里大学医学部助手 1980年 - 北里大学医学部講師 1991年 - 北里大学医学部助教授 1994年 - 北里大学医療衛生学部教授 [受賞歴] 2014年 - イグノーベル賞(物理学賞) [著書...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マブチ キヨシ
人物別名 馬淵清資
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
医用機械工学 嶋津秀昭, 馬渕清資著 医歯薬
2020.3
医用機械工学 嶋津秀昭, 馬渕清資 著 ; 日本臨床工学技士教育施設協議会 監修 医歯薬
2011.3
医用機械工学 馬渕清資 著 コロナ社
2007.4
バイオトライボロジー : 関節の摩擦と潤滑 笹田直, 塚本行男, 馬渕清資 共著 産業図書
1988.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想