青山 道夫   (1902-1978)

青山道夫(あおやま みちお、1902年4月8日-1978年7月9日)は、民法学者、九州大学名誉教授。 宮城県出身。 東京帝国大学法学部卒。 大倉高等商業学校(現東京経済大学)教授、1944年九州帝国大学教授。 63年九大を定年退官、西南学院大学教授。 マリノフスキー、モルガンらの文化人類学的研究を翻訳。 戦後の家族法の改正にあたり、民主的な改革を主張した。 [著書] 親族法大要 時潮社 1937 相続法大要 時潮社 1940 家族 白揚社 1942(現代生活群書) 身分法研究 判例 日本評論社 1943 日本家族制度の研究 巌松堂書店 1947 新しい民法 惇信堂 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アオヤマ ミチオ
人物別名 青山道夫
生年 1902年
没年 1978年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
総則・婚姻の成立・効果 青山道夫, 有地亨編 有斐閣
2015.8
総則・婚姻の成立・効果 青山道夫編 有斐閣
2013.1
戦後女性労働基本文献集 原ひろ子 監修 ; 藤原千賀, 武見李子 編 日本図書センター
2005.6
未開社会における犯罪と慣習 B.マリノウスキー 著 ; 青山道夫 訳 新泉社
2002.4
親族相続法 有地亨 監修 自由国民社
1999.3
親族相続法 有地 亨【監修】 自由国民社
1997.1
親族相続法 有地亨監修 ; 青山道夫[ほか]著 自由国民社
1995.2
親族相続法 有地亨監修 ; 青山道夫[ほか]著 自由国民社
1992.7
親族相続法 有地亨監修 ; 青山道夫[ほか]著 自由国民社
1990.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想