市川 眞澄   (1950-)

この人物の情報

人物名ヨミ イチカワ マスミ
人物別名 市川眞澄

市川, 真澄
生年 1950年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
社会の起源 : 動物における群れの意味 菊水健史著 ; 市川眞澄編 共立
2019.4
大脳基底核 : 意思と行動の狭間にある神経路 苅部冬紀, 高橋晋, 藤山文乃著 ; 市川眞澄編 共立
2019.7
前頭葉のしくみ : からだ・心・社会をつなぐネットワーク 虫明元著 ; 市川眞澄編 共立
2019.10
脳の左右差 : 右脳と左脳をつくり上げるしくみ 伊藤 功【著】 共立出版
2018.2.25
自己と他者を認識する脳のサーキット 浅場明莉 著 ; 一戸紀孝 監修 共立
2017.4
フェロモンの記憶に関わるシナプス可塑性についての形態学的解析 研究代表者 市川 眞澄 東京都神経科学総合研究所
1998.3
脳内情報伝達機構の可塑性と適応 : GnRHニューロンの多機能性をモデルとして 研究代表者:市川眞澄 東京都神経科学総合研究所
1997.3
フェロモン系を介する視床下部・辺縁系機能の制御 研究代表者 森裕司 森裕司
2009.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想