山本 北山   (1752-1812)

山本 北山(やまもと ほくざん、宝暦2年(1752年) - 文化9年5月18日(1812年6月26日))は、江戸時代中期の儒学者である。 名は信有、字を天禧、通称 喜六、憙六、北山は号、別号に考経楼主人、学半堂逸士、奚疑翁、竹堤隠逸などがある。 [経歴] 北山は江戸の裕福な武家の家庭に育った。 幼少より文学を好み、また鋭敏で自尊心の強い性分であった。 父を早くに亡くし、母ひとりによって愛情深く育てられる。 江戸小石川の白山 本念寺の近くに居住していた。 はじめに山崎桃渓に素読を学び、その後15歳にして経学を学んだ。 これは井上金峨による折衷学を 躋寿館において聴講したものと推考される。 北山...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマモト ホクザン
人物別名 山本北山

山本, 信有

信有

天禧

北山
生年 1752年
没年 1812年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
むかしありしこと ; 教訓童草 ; 教訓古今道しるべ ; 教訓宝入船 [山本北山作] ; [小沢種春作] ; [小野弘度編] ; [作者不明] 大空社
2013.10
むかしありしこと ; 教訓童草 ; 教訓古今道しるべ ; 教訓宝入船 [山本北山作] ; [小沢種春作] ; [小野弘度編] ; [作者不明] 大空社
2013.10
百草 ; 我宿草 ; 愚雑俎 ; 松亭漫筆 ; 孝経楼漫筆 田宮仲宣著 ; 中村経年著 ; 山本北山著 NetLibrary
2009
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1995.10
書家必携 : 楷書・行書・草書・隷書・大篆・小篆 山本北山 著 マール社
1984.12-1985.6
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1977.4
笑堂福聚 奚疑塾主人著 ; 佐羽芳蘭卿校 近世風俗研究会
[1972.9]
日本古典文学大系 中村幸彦校注 岩波書店
1966
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想