山鹿 素行   (1622-1685)

山鹿 素行(やまが そこう、元和8年8月16日(1622年9月21日) - 貞享2年9月26日(1685年10月23日))は、江戸時代前期の日本の儒学者、軍学者。 山鹿流兵法及び古学派の祖である。 諱は高祐(たかすけ)、また義矩(よしのり)とも。 字は子敬、通称は甚五右衛門。 因山、素行と号した。 [経歴] 陸奥国会津(福島県会津若松市)にて浪人・山鹿貞以(山鹿高道とも)の子として生まれる。 寛永5年(1628年)に6歳で江戸に出る。 寛永7年(1630年)、9歳のとき大学頭を務めていた林羅山の門下に入り朱子学を学び、15歳からは小幡景憲、北条氏長の下で軍学を、廣田坦斎らに神道を、それ以外に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマガ ソコウ
人物別名 山鹿素行

山鹿, 高興

高興

子敬

素行

高祐
生年 1622年
没年 1685年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山鹿素行「中朝事実」を読む 山鹿素行 [著] ; 荒井桂 現代語訳 致知出版社
2015.1
吉田松陰武教全書講録 [山鹿素行], 吉田松陰 [著] ; 川口雅昭 全訳注 K&Kプレス
2014.12
山鹿素行自筆本『配所残筆』 山鹿素行 [著] ; 秋山一實 著 錦正社
2013.7
聖教要録 配所残筆 山鹿素行 原著 ; 土田健次郎 全訳注山鹿素行 原著 ; 土田健次郎 全訳注 講談社
2001.1
山鹿素行 大野健雄, 秋山一実校注 神道大系編纂会
1995.3
うるわしの日出づる国 : 中朝事実物語 山鹿素行 原作 ; 新田大作 文 ; 木下翔逅 絵 中朝事実刊行会
1988.9
中朝事實 山鹿素行 原著 ; 新田大作 編著 御在位六十年奉祝中朝事實刊行会
1985.12
中朝事實 : 乃木大将本覆刻 山鹿素行 著 中朝事実刊行会
1985.9
武家事紀 山鹿素行 著 原書房
1983.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想