多紀 元簡   (1755-1810)

多紀 元簡(たき もとやす、宝暦5年(1755年) - 文化7年12月2日(1810年12月27日))は江戸時代後期の医師。 名は元簡、字は廉夫、幼名は金松、長じて安清、安長と改める。 桂山と号し、別号に櫟窓がある。 [生涯] 多紀元徳(藍渓)の長子として生まれる。 儒学を井上金峨に、医学を父について修めた。 安永6年(1777年)に将軍・徳川家治にお目通りが許される。 寛政2年(1790年)、老中の松平定信にその才を信任され奥医師に抜擢、法眼に叙せられ徳川家斉の侍医となる。 寛政3年(1791年)に父の主宰する躋寿館が官立の医学館となるとその助教として医官の子弟の教育にあたった。 寛政6年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タキ モトヤス
人物別名 多紀元簡

丹波, 元簡

多紀, 桂山

多紀, 安長

廉夫

桂山

櫟窓

櫟蔭

櫟陰

安清

安長

聿修堂
生年 1755年
没年 1810年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
広恵済急方 [多紀元徳編] ; [多紀元簡校] ; [植田文敬書] 大空社
2020.11
広恵済急方 [多紀元徳(丹波元悳・安元・蘭渓・永寿院)編] ; [多紀元簡(安長・桂山・櫟窓)校] ; [植田文敬(通央)書] 大空社
2020.11
広恵済急方 [多紀元徳編] ; [多紀元簡校] ; [植田文敬書] 大空社
2020.11
傷寒論輯義解説 多紀元簡 原著 ; 金子幸夫 解説 たにぐち書店
2017.6
傷寒論輯義解説 多紀元簡 原著 ; 金子幸夫 解説 たにぐち書店
2017.6
金匱要略輯義解説 多紀元簡 原著 ; 金子幸夫 解説 たにぐち書店
2017.9
金匱要略輯義解説 多紀元簡 原著 ; 金子幸夫 解説 たにぐち書店
2017.9
観聚方要補 [多紀元簡] [輯] ; [多紀元堅] [參訂] ; 『観聚方要補』安政版刊行委員会 編 医聖社
2013.6
民間治療 浅見恵, 安田健 訳編 科学書院
霞ケ関出版
2004.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想