佐藤 中陵   (1762-1848)

佐藤 中陵(さとう ちゅうりょう、宝暦12年2月11日(1762年3月6日) - 嘉永元年6月6日(1848年7月6日))は、水戸藩の本草学者。 名は成裕、字は子綽、通称は平三郎。 中陵は号。 他に、温故斎、青莪堂とも号した。 [生涯] 佐藤端義の子として江戸青山に生まれた。 薩摩藩・白河藩・米沢藩・会津藩・備中松山藩・水戸藩に本草学をもって仕えた。 水戸藩には、寛政11年(1799年)から水戸藩主文公に召され植物方として仕え、文政10年(1827年)には江戸奥方番となり、天保7年(1836年)からは水戸に勤務した。 天保14年(1843年)には御次番列に進んで弘道館本草教授となった。 水戸...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サトウ チュウリョウ
人物別名 佐藤中陵

滕, 成裕

佐藤, 成裕

成裕

温故斎
生年 1762年
没年 1848年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
飼籠鳥 勝成裕 撰 鳥の會
1922
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想