大槻 磐渓   (1801-1878)

大槻 磐渓(おおつき ばんけい、享和元年5月15日(1801年6月25日) - 明治11年(1878年)6月13日)、名は清崇、江戸時代後期から幕末にかけて活躍した漢学者。 文章家としても名高い。 仙台藩の藩校、養賢堂学頭であった磐渓は、幕末期の仙台藩論客として奥羽越列藩同盟の結成に走り、戊辰戦争後は戦犯として謹慎幽閉された。 父は蘭学者の大槻玄沢。 子に大槻如電と大槻文彦(国語学者で『言海』編者)がいる。 親戚に養賢堂の学頭、大槻平泉がいる。 [生涯] [生涯] 1801年(享和元年)6月25日、江戸木挽町の幕臣浦上氏の邸内で生まれる。 [生涯] 磐渓の本格的な学問修行は、1816年、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオツキ バンケイ
人物別名 大槻磐渓

大槻, 清崇

子広

磐渓

清崇
生年 1801年
没年 1878年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
金海奇観 岩下哲典 監修・解説 雄松堂書店
2014.9
大槻磐渓 一関市博物館 編 一関市博物館
2004
近古史談 大槻清崇 著 上坂氏顕彰会史料出版部
2001.2
近古史談 大槻清崇 著 上坂氏顕彰会史料出版部
2001.2
近古史談 菊池真一 編 和泉書院
2000.3
近古史談 菊池真一 編 和泉書院
1996.3
近世風俗・地誌叢書 - 竜渓書舎
1996.5
南遊紀行 ; 西遊紀程 [高橋克庵著] ; [大槻磐溪著] 竜渓書舎
1996.5
紀行日本漢詩 富士川英郎, 佐野正巳 編 汲古書院
1993.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想