中原 師元   (1109-)

中原 師元(なかはら の もろもと、天仁2年(1109年) - 承安5年5月20日(1175年6月10日))は、平安時代後期の貴族。 中原氏師平流、大外記・中原師遠の三男。 官位は正四位上・大外記兼明経博士。 [経歴] 代々大外記を務める家柄に生まれる。 元永2年(1119年)元服して音博士に任ぜられ、権少外記・少外記を経て、保安2年(1121年)には自身も大外記の官職に就いている。 天治2年(1125年)従五位下に叙爵。 以後、直講・助教などを兼任しながら大外記職を務め、保元2年(1157年)に掃部頭に任ぜられた際に一旦辞するが、永暦元年(1160年)に再度任じ、永万2年(1166年)まで...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカハラ モロモト
人物別名 中原師元
生年 1109年
没年 -
職業・経歴等 貴族

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
中外抄 藤原忠実 述 ; 中原師元 記 八木書店
2008.1
新日本古典文学大系 佐竹昭広 ほか編 岩波書店
1997.6
中外抄 ; 富家語 藤原忠実述 ; 中原師元筆録 ; 藤原忠実述 ; 高階仲行筆録 勉誠社
1994.3
中外抄 富家語 藤原忠実 述 ; 中原師元 筆録藤原忠実 述 ; 高階仲行 筆録 勉誠社
1980.10
中外抄 : 尊経閣叢刊 藤原忠実 述 ; 中原師元 記 育徳財団
昭和9
中外抄 藤原忠実述 ; 中原師元筆録 育徳財団
1934.3
中外抄 知足院殿 [談] ; 中原師元註附 紀行厚
寛政8 [1796]
中外抄 [藤原忠実述] ; [中原] 師元 [筆録] 暁心院左大臣
宝永3 [1707]
師元記 師元 [著] 者不明
[1---]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想