関谷 剛男   (1939)

関谷 剛男(せきや たかお、1939年11月18日 - )は、日本の分子生物学者。 佐々木研究所所長。 薬学博士。 核酸の高次構造多型(SSCP)解析法の開発で知られる。 がん遺伝子・がん抑制遺伝子の塩基配列異常をはじめ、多くのヒト遺伝病原因遺伝子解析に利用された。 日本学士院会員。 [略歴] 神奈川県立湘南高等学校卒業後 1964年 東京大学薬学部卒業 1969年 東京大学大学院卒業 1972年からマサチューセッツ工科大学ハー・ゴビンド・コラナのもとに留学 1977年 国立がんセンター研究所生物学部室長 1984年 国立がんセンター研究所腫瘍遺伝子研究部部長 2004年 三菱化学生命科学研...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セキヤ タカオ
人物別名 関谷剛男

Sekiya, Takao
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 分子生物学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
情報と細胞機能研究領域個人型研究 (さきがけタイプ) 研究報告書 科学技術振興機構 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業
2005.6-
分子生物学プロトコール 小池克郎 ほか編 南江堂
1994.5
高圧液体クロマトグラフィー : その生化学・医化学への応用 P.R.ブラウン 著 ; 西村暹 ほか訳 東京化学同人
1979.12
Basic and clinical frontiers of cancer epigenetics : extended abstracts for the 41th International Symposium of the Princess Takamatsu Cancer Research Fund : November 17-19, 2010 Tokyo, Japan edited by Toshikazu Ushijima ... [et al.] Princess Takamatsu Cancer Research Fund
c2011
DNA repair and human cancers : extended abstracts for the 40th International Symposium of the Princess Takamatsu Cancer Research Fund : November 10-12,2009 Tokyo,Japan edited by: Susumu Nishimura, Lawrence A.Loeb, Mitsuko Masutani, Hitoshi Nakagama, Takao Sekiya Princess Takamatsu Cancer Research Fund
c2010
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想