向井 去来   (1651-1704)

向井去来(むかい きょらい 慶安4年(1651年) - 宝永元年9月10日(1704年10月8日)))は、江戸時代前期の俳諧師。 蕉門十哲の一人。 儒医向井元升の二男として肥前国(今の長崎市興善町)に生まれる。 堂上家に仕え武芸に優れていたが、若くして武士の身分をすてた。 京都嵯峨野の落柿舎(らくししゃ)に住み、松尾芭蕉はここで『嵯峨日記』を執筆した。 野沢凡兆と共に、蕉風の代表句集「猿蓑」を編纂した。 「西国三十三ヶ国の俳諧奉行」とあだ名された。 [作品] 去来抄 [主な句] 秋風や白木の弓に弦はらん 湖の水まさりけり五月雨 をととひはあの山越つ花盛り 尾頭のこころもとなき海鼠哉 螢火や...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムカイ キョライ
人物別名 向井去来

兼時

元渊

去来
生年 1651年
没年 1704年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
去来・凡兆 [向井]去来 [著] ; 凡兆 [著] ; 大内初夫 編著 蝸牛新社
2002.2
新編日本古典文学全集 奥田 勲;表 章;堀切 実;復本 一郎【校注・訳】 小学館
2001.9
向井去来 [向井去来] [著] ; 大内初夫 編著. 野沢凡兆 / [野沢凡兆] [著] ; 大内初夫 編著 蝸牛社
1997.11
日本俳書大系 勝峰晋風 編 日本図書センター
1995.8
元禄版猿蓑 : 影印本 去来, 凡兆 編 ; 雲英末雄, 佐藤勝明 編 新典社
1993.4
去来抄 三冊子 旅寝論 向井去来 著服部土芳 著 ; 向井去来 著 ; 潁原退蔵 校訂 岩波書店
1993.8
去来抄 : 新註 向井去来 著 ; 尾形仂 ほか編著 勉誠社
1986.4
去来先生全集 向井去来 [著] ; 大内初夫 [ほか]編 落柿舎保存会
1982.9
渡鳥集 卯七, 去来撰 長崎大学教養部文学研究室
1980.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
去来抄 向井 去来
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想