松平 慶永   (1828-1890)

東京生まれ。幕末の福井藩主。父は徳川三卿田安家三代目の斉匡。福井藩主松平斉善の嗣子となる。中根雪江、横井小楠、橋本左内らを登用し、藩政改革を推進。当初攘夷派であったが、のち積極開国論に転じ、開明派の藩主として知られる。将軍継嗣問題で一橋慶喜を推し、安政の大獄で謹慎処分を受ける。文久2年(1862)政事総裁職に就任し、幕政改革にあたる。公武合体派として幕府と朝廷の間を調整。戊辰戦争時は徳川家擁護に尽力。新政府では議定、民部卿、大蔵卿、大学別当兼侍読等を歴任した。

「近代日本人の肖像」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツダイラ ヨシナガ
人物別名 松平慶永

松平, 春岳

松平, 春嶽

公寧

春嶽
生年 1828年
没年 1890年
職業・経歴等 公家・旧大名

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代語訳『眞雪草紙』 [松平春嶽] [著] ; 福井県観光営業部ブランド営業課 編 ; 角鹿尚計 訳註 福井県観光営業部ブランド営業課
2012.2
現代語訳『閑窓秉筆』 福井県観光営業部ブランド営業課 編 ; 角鹿尚計 訳註・編集協力 福井県観光営業部ブランド営業課
2012.2
現代語訳『雨窓閑話稿』 福井県観光営業部ブランド営業課 編 ; 角鹿尚計 訳註・編集協力 福井県観光営業部ブランド営業課
2012.2
現代語訳『前世界雑話稿』 福井県観光営業部ブランド営業課 編 ; 角鹿尚計 訳註・編集協力 福井県観光営業部ブランド営業課
2012.2
現代語訳『逸事史補』 [松平春嶽] [著] ; 福井県観光営業部ブランド営業課 編 ; 角鹿尚計 訳註 福井県観光営業部ブランド営業課
2011.3
松平春嶽書の変遷 - 福井市立郷土歴史博物館
2004.11
松平春岳未公刊書簡集 伴五十嗣郎 編 福井市立郷土歴史博物館
1991.3
松平春岳未公刊書簡集 伴五十嗣郎 編 思文閣
1991.11
松平春岳公未公刊書簡集 福井市立郷土歴史博物館 編 福井市立郷土歴史博物館
1986.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想